私達は一番安心できる司法書士事務所を目指します。「五反田駅」に根をはり、地元密着で愛される司法書士事務所でありたいと思います。
  • カテゴリ ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

司法書士 荒谷健一郎のエースストライカーブログ - ブログカテゴリのエントリ

仮差押の登記を抹消する方法

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-20 21:59

みなさん、こんばんは。

今日で連休も終わりですが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

さて、先日ご相談者の方から質問を受けたのですが、内容は、「不動産の登記簿に仮差押がついているのではずしてほしい。」というものでした。

さてこの場合のはずし方ですが、正直なところ、ケースバイケースで対応(手続)が異なってくるかと考えられます。

一例を挙げるとしますと、登記記録上、ある債権者が裁判所より保全命令を得て、債務者所有の不動産に仮差押をしている場合で、仮差押後、何ら手続がされず十年以上経過している場合とします。

この場合、債務者(土地所有者)は、保全命令を発した裁判所に債権者に対する起訴命令を申し立てることができます。申立を受けた裁判所は、債権者に対して、起訴命令を発することになります。

起訴命令を受けた債権者が、裁判所が相当と認める一定期間内に本案訴訟を提起せず、提起したことを証明する書面を提出しないときは、裁判所は、債務者の申立により、仮差押命令を取り消す決定をすることになります。

そもそも、保存命令は、本案訴訟による権利確定にいたるまでの暫定的・過程的措置であるところ、債権者が保全命令を得ておきながら、本案訴訟の提起を怠るときは、権利関係の浮動状態が継続し、財産権の制限を受けた債務者はいつまでもこの不利益状態から逃れられないことになります。また、保全命令を得た債権者が速やかに本案訴訟を提起しないことは権利実現の意欲を欠くものであり、民事保全制度の濫用であるとも考えられます。そこで、それを解消する方法として、起訴命令及び命令不遵守による命令取り消しの制度が定められているのであります。

なお、仮差押債権者の住所等を調査してもこれが判明しないときは、必要な資料(住民票、近隣住民からの聴取調査報告書など)を添付した上、公示送達の申立をすることができます。

この他にも、「事情の変更」「特別の事情」による保全取り消しの制度がありますが、また次回にいたします。

参考文献「民事保全の実務 編著:東京地裁保全研究会 発行所:社団法人金融財政事情研究会」

  • 閲覧 (14934)

戸籍謄本請求は負担!?

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-18 19:11

みなさん、こんにちは。

五反田駅前で開業している司法書士の荒谷健一郎です。

本日もお暑うございました。

さて、相続登記を申請する際には、戸籍謄本を添付しなければなりませんが、特に被相続人の一生分の戸籍謄本を添付しなければならないケースがほとんどです。

その場合、申請人(相続人)は、被相続人の一生分の戸籍謄本を取り寄せなければなりません。

戸籍謄本は、本籍地所在地の役所に保管されていますが、結婚などを機に転籍された場合、以前の本籍地所在地では記録が抹消され、新しい本籍地所在地で戸籍が作成されます。

よって、被相続人が転籍を繰り返していた場合、一生の間に本籍地を置いていたすべての所在地の役所に戸籍謄本を請求しなければなりません。

また、すべての所在地を知っていれば、同時にすべての役所に請求することができますが、知らない場合、手元にある戸籍謄本から転籍前・転籍後の本籍地を確認して足りない戸籍謄本を請求しなければなりません。

私たち専門家は、よく戸籍を請求するので勝手がわかっていますが、慣れない方はこの戸籍謄本を取り寄せるだけで一苦労と感じられるかもしれません。

もし負担に感じられるようなことがありましたら、戸籍謄本請求も含めて、当職で代わりに手続いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

それでは、よい週末を。。。

  • 閲覧 (3802)

未登記物件ではありませんか?

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-17 16:40

みなさん、こんにちは。

五反田駅前で開業している司法書士荒谷健一郎です。

さて、橋本知事に対する弁護士会による懲戒処分で話題で盛り上がっている今日この頃ですが、今日は、未登記物件について話したいと思います。

相続登記などの不動産登記手続を行う中で、未登記物件(法務局で登記されていない物件)、に遭遇することが、たまーにあります。

土地に関しては、登記されていないことはほとんどないのですが、建物に関しては、建築後、建物表題登記手続を怠っていたため、未登記となることがあります。(法文上は、建築後1か月以内に申請しなければなりませんが、法務局は原則、申請されたものしか登記しませんので、最初にこの登記申請を忘れるとそのままずーっと放置されることが多いためです。)

ただ、役所は固定資産税を徴収する関係で未登記であっても、固定資産税の納税通知をしてきますので、その明細を見ると未登記物件を確認することができます。
(未登記物件の明細には、地番や家屋番号が記載されていませんので、確認していただくとすぐにわかります。)


みなさんの不動産は未登記ではありませんか?


追加情報ですが、建物の未登記物件を登記する場合、まず建物表題登記手続を行います。
建物表題登記は、建物の構造や床面積など建物の内容を登記簿におこす登記ですが、この登記は一般的に土地家屋調査士さんが代理手続しますので、ご依頼する際は、土地家屋調査士さんにご依頼してください。(当事務所でもご紹介可能です。)

なお、建物表題登記が完了しても、権利証(登記識別情報)は発行されません。

権利証(登記識別情報)を発行してもらうためには、さらに所有権保存登記を申請する
必要があります。この登記は一般的に司法書士が代理手続しますので、ご依頼される方は当事務所までご連絡くださいませ。

  • 閲覧 (3763)

遺産分割協議を始める前に注意しておくこと!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-16 19:55

みなさん、こんばんわ。

今日は、大雨ですから、傘の忘れ物が多そうですね(自分のことです・・・)。

さて、今日は、相続に関して、よく出てくる遺産分割協議のお話をします。

亡くなった方の財産(不動産や預貯金、株式など)がある場合で、その法定相続人が複数いる場合は、一般的に遺産分割協議をします。

遺産分割協議は、相続人全員でしなければなりませんが、たまにあるのが、家族の誰も知らなかった法定相続人がいたことが分かった場合です。

相続手続のために、亡くなった方の一生分の戸籍謄本を取り寄せて相続関係を確認してみると、昔に結婚、離婚をしていてその夫婦の間に子供がいた場合や、昔に親戚の子供と養子縁組をしていて養子がいた場合などがよくあります。

相続人全員ということは、一人でも欠けると協議は成立しませんので、見つかった相続人も協議に加わっていただく必要があります。なお、こんな場合でお悩みの方は、ぜひご相談していただければと思います。

以上のようなことがありますので、遺産分割協議を始める前には、とりあえず被相続人(お亡くなりになった方)の一生分の戸籍謄本を取り寄せていただくことをお勧めいたします。

なお、当事務所での遺産分割協議書作成手続等のお話しについてはこちら↓をご確認ください。

www.ace-godo.com/modules/pico/index.php

  • 閲覧 (2938)

Twitterやっております。

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-15 18:25

みなさん、こんばんは。

もう、外は真っ暗ですね。日が落ちるのが早くなりました。

さて、私はツイッター(Twitter)なるものを、やっております。ブログのサイドバーにも一部表示されているものです。(以下、URLです。twitter.com/k_aratani )

ツイッターはブログと異なり、文字数が140字と制限されておりますので、長文は書けませんが、リアルタイムで簡単に更新できるところがいい点です。

なので、ブログでは、長文の記事(コメント)を具体的、詳細なとこまで?書きたいと思います。

反対に、ツイッターでは私のその時に思ったことや感じたことなど、短文でつぶやいていきたいと思います。

ぜひどちらも見ていただければ幸いです。(ツイッターは下らないことも言っていますので、見なくてもいいかもしれませんが・・・(^_^;) )

 

  • 閲覧 (3259)

法テラス相談員に登録してきました。

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-15 16:36

みなさん、こんにちわ。

五反田駅前の司法書士事務所の代表の荒谷健一郎です。

今日の東京は、いきなり秋の気配が感じられる涼しい気候ですね。もう猛暑も終わりなのでしょうか?

さて、本日は、東京司法書士会の近くにある法テラスに寄って、相談員登録をしてきました。

みなさん、法テラスってご存知ですか?www.houterasu.or.jp/

わかりやすく言うと、法律トラブルに巻き込まれたが、どこに相談したらいいかわからない国民に対して国が主導で設立した相談窓口団体です。

そして、われわれ司法書士も法律専門家の一員として法テラスの運営を支援しております。

どこに相談したらいいか分からなくて、いきなり弁護士事務所や司法書士事務所に相談したくない人は、まず法テラスにご連絡してみてはいかがでしょうか?

  • 閲覧 (4625)

表札が到着しました!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-14 18:20

みなさん、こんにちわ。

エース合同司法書士事務所の荒谷です。

さて、先ほど発注していた事務所の表札が到着しました。

いかがでしょうか?

表札

個人的には、なかなかの出来栄えなのに非常に低価で作っていただき

得した気分です。

 

  • 閲覧 (3566)

気になるニュース

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-14 15:34

みなさん、こんにちわ。

エース合同司法書士事務所の荒谷です。

さて、昨日気になるニュースを聞きました。

以下が、そのニュースです。diamond.jp/articles/-/9350

最近、賃貸物件の更新料をめぐるトラブルで、貸主側の主張する更新料請求が無効とされる判決が相次いでいることを受けて、不動産賃貸業界で色々な対策がなされているとのことです。

一つが、「めやす賃料」ということですが、あまりいい言葉ではないのかもしれませんね。借主側からすれば、「?」となる言葉かと思います。まぁ、趣旨は理解できるんですけどね。

ただ、更新料無効の最高裁判決が出ると、訴訟が増え、更新料を当てにした貸主は大変な経営状況になるかもしれません。さてさて、どうなることでしょうか。要チェックです。

  • 閲覧 (2784)

観葉植物を送っていただきましたぁ!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-14 15:08

みなさん、こんにちわ。

エース合同司法書士事務所(AGSJ)の荒谷です。

前回は自己紹介をさせていただきましたが、これからは司法書士事務所の生の声をお伝えできればと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、先日ですが、事務所に親戚から植物とお花を送っていただきました。

簡素な事務所ですが、少し華やかになったかなと思います。

観葉植物

お花

  • 閲覧 (3693)

みなさん、はじめまして。

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2010-9-7 0:00

みなさん、はじめまして。
私は、エース合同司法書士事務所の代表の荒谷健一郎と申します。
2010年9月、荒谷健一郎のブログとして「エースストライカーブログ」を開設させていただきました。
本ブログを通じて皆さんに少しでも「司法書士」のこと、「荒谷健一郎」のこと、そして「エース合同司法書士事務所」のことをお分かりいただければ幸いです。
まずは、私の自己紹介よりお伝えさせていただきます。

<プロフィール>

エース合同司法書士事務所 代表・司法書士
氏名:荒谷 健一郎
性別:男性
血液型:A型
生年月日:1979年11月13日
出身地:大阪府吹田市
得意業務:相続・遺言、不動産登記、債務整理、商業・法人登記、成年後見etc.
■東京司法書士会会員(登録番号 第4270号)
■簡裁訴訟代理関係業務認定会員(第412127号)
■東京司法書士会 当番司法書士登録員
■東京司法書士会 無料法律相談員
■成年後見センター・リーガルサポート東京支部会員

<職歴・経歴など>

平成15年 3月 同志社大学法学部法律学科 卒業
平成16年 7月 大阪府の某司法書士事務所(現・某司法書士法人)に入所
平成16年11月 司法書士試験合格
平成16年12月 司法書士登録
平成17年12月 某司法書士法人 西天満事務所所長就任
平成18年 6月 某司法書士法人 東京事務所所長就任
平成22年 8月 某司法書士法人を退職、独立開業
平成22年 9月 エース合同司法書士事務所を開設
代表・司法書士に就任し、毎日奮闘中!

<趣味・すきなこと>

◇サッカー・フットサル・・・

小学校から大学までサッカー活動をし、大学では、サッカー同好会とフットサルチームに入ってました。
現在は、月に1、2度フットサルしてます。
人数が足らないときは、いつでも参加しますので、よろしければ、声をかけて下さい。

◇ブログ・ツイッター(@k_aratani)・・・

気ままに、ブログ更新し、自然体でつぶやいてます。興味のある人は覗いてみてください!

<荒谷健一郎について>

(中学〜高校〜大学)

出身中学は、東大阪市立石切中学校、出身高校は、大阪府立八尾高校です。
中学・高校は、サッカー部に在籍し、毎日ボールばっかり蹴っておりました。
私自身サッカーは、あまり上手ではありませんでしたが、サッカーを通じて、たくさんの友人が作れたことは大変良かったと思います。
なお、小学校卒業時、石切中学校には、公式サッカー部がなかったため、地元の保護者らの応援によって、地元のクラブチームを新しく作ってもらったのを懐かしく思い出します。
その当時のクラブチーム名は、「中河内セレゾン(旧:石切JFC)」だったと思いますが、今はどうなっているのでしょうか。知っている人がいらっしゃれば、ぜひ教えてください。
高校のときも、個性豊すぎなチームメイトばっかりでした。3年生の時は、受験で一時期サッカーを離れましたが、それ以外は、ほとんどサッカーしていたことしか覚えていません。今の八尾高サッカー部は、結構強いみたいですね。私がいたころは、なかなかいい成績は残せませんでしたが・・・
そんなこんなで、大学受験!高校時の学内成績は、自分で言うのもなんですが、上の方だったので、推薦で有名私大にも行ける成績だったのですが、無理して公立大法学部を目指すも、受験失敗。予備校に通うことになり、浪人生活をすごすも、目指した国立大法学部も結局失敗。最終的に同志社大学法学部に入学することになりました。2回の受験失敗で、「世の中頑張っても必ず報われるとは限らない!」と挫折を味わいました。(今はいい経験をしたと思ってます。)
それで、大学に入って勉強するのかといえば、大学の授業がない時は、アルバイト!夜は、サッカーもしくはフットサルの毎日だったと思います。
アルバイトは、GSや飲食店、居酒屋、酒屋などやってましたね。
ちなみに、大学のサッカーはサークルではなく同好会(三つ葉キッカーズ)に所属。サッカーに関しては真面目な同好会で大学生なのに、ほぼ毎日練習がありました。ただ、私、フットサルチームも掛け持ちで入っていたので、毎日練習参加していたわけではありませんでしたが・・・

(司法書士試験受験へ)

そんなこんなですが、さすがこんな大学生活を4年間もすごすわけにもいかず、将来のことを真剣に考えたのは、大学3回生の時でした。私は法学部でしたが、周り同学部の友人は大学1回生の時から、司法試験を目指している人たちばかりでした。
今から勉強しても司法試験には、いつ合格できるのかわからなかったので思い悩んでた時、「司法書士」という職業があると知りました。私自身、会社員や公務員になるよりは、法律知識を活かせる職に就きたいと思っていたので、司法書士に興味がわきました。
「司法書士」なんて、みなさん何をやっているか知らないと思いますが、私もその時まで、そんな職業があることも全く知りませんでした。調べてみると、司法書士は「街の法律家」と呼ばれているらしく、かなりの法律知識を要求されるが、立派な職業だということを知りました。
合格率も極端に低く、当時は、受験者数の3%も受からない合格率で難関な資格試験でしたが、司法試験よりは簡単だろうと思い受験勉強を開始しました。(今考えると、だいぶ浅はかな考えだったと思います。)
実際、受験勉強を始めてみると、なかなか困難な資格試験だと痛感しました。大学の時と同じく、2回受験するも受験失敗。「世の中頑張っても必ず報われるとは限らない!」という挫折を再び味わいました。

(司法書士試験合格〜司法書士として経験をつむ)

しかし、ラストチャンスと考えて、受けた3回目の受験でようやく合格できました。合格できて思ったのは、受験に失敗したのはアンラッキーでもなんでもなく、運も含めて自分の実力が足らなかったからでしかなく、合格できたのはコツコツ努力を重ねた結果と周りの人たちの応援をもらっていたからだと思いました。
ちなみに初めて社会人として就職した某司法書士事務所に入所したのは、3回目の受験後すぐのことでした。なので、まだ合格発表も何も聞かず、資格も何もない状況でこの世界に飛び込んだんです。すぐに就職活動した理由は、試験勉強に行き詰っていたことだけでなく(このときはまだ合格したかわかってませんでしたので)、実務の世界に飛び込みたかったのと、親のすねを長いことかじって、迷惑ばかりかけていたので、一日も早くきちんと社会人として就職したかったからでした。
某司法書士事務所では、新米で社会人経験もない私に、懇切丁寧に、時には厳しく、ときには楽しく教えてくれました。
そして、入所後に司法書士試験に合格発表を聞き、すぐに司法書士登録をいたしました。司法書士として登録することになったとき、先輩から言われたことは、「少しでも周りの人に恩返しをしてください。誰でも司法書士になれるわけではないのに、司法書士になれたのだから。」でした。私はその言葉を聞いて、深く感銘を受けました。そして、「私がこれまで受けたたくさんの人からの恩に対して、その人だけでなく、その他の多くの人の役に立つことが、その恩返しになる」と思い、司法書士として一人前になれるよう一生懸命努力しようと誓いました。
某司法書士事務所入所後当初は、大阪で働いておりましたが、西天満に新事務所を開設することに合わせて西天満事務所の所長を、東京に新事務所を開設した際も東京事務所所長を歴任させていただき、様々な経験をつませていただきました。
東京事務所の開設した時は、一人暮らしをしたこともない私が、いきなり東京で一人暮らしをはじめ、事務所も開設ほやほやで、期待よりは不安でいっぱいでしたが、東京のスタッフのみなさんや周りの人たちの温かい援助があって、楽しくもハードな事務所運営を経験させていただきました。

(独立開業へ)

司法書士試験に合格したとき、やはりいずれは独立開業したい!自分の事務所を持ちたい!という夢がありました。しかし、いきなり独立開業するには、経験も知識も、度胸もまったくありませんでした。しかし、ふたつの司法書士事務所(従たる事務所)の所長を少しだけ経験させていただき、事務所運営の大変さや楽しさを経験させていただき、独立開業することは決して遠い目標ではないと感じました。また、年齢も30歳となったばかりでしたので、自分の人生を大きく変えるチャンスは今しかないと一念発起して独立開業することにいたしました。独立開業に当たっては、妻や家族、今までいた司法書士法人の皆様にたくさんのご支援と、温かい励ましの言葉をいただきました。今は昔と異なり、単に司法書士という資格があっても簡単に繁盛するという時代ではなく、厳しい競争の中で仕事をしなければならず、これから大変なこと困難なことがたくさん待ち構えているかと思いますが、先輩方から教えていただいたことを引き継いで、お客様の立場に立った一番安心できる司法書士事務所になれるよう、経営理念である「安心・誠実・親身」を事務所に浸透させ、それを100%実現できるよう、これからも一生懸命努力し、日々精進し、お客様の信頼をひとつずつ積み重ねて、皆様から信頼していただける事務所になるように頑張ってまいりますので、皆様これから「荒谷健一郎」を「エース合同司法書士事務所」をどうぞよろしくお願いいたします。
とりとめのない長い文章お読み頂きありがとうございました。

  • 閲覧 (4031)

品川区 五反田 大崎 エリア 司法書士 事務所 相続 遺言 手続き 遺言書 遺産分割協議書 作成 債務整理 成年後見 会社 法人 設立 少額訴訟