私達は一番安心できる司法書士事務所を目指します。「五反田駅」に根をはり、地元密着で愛される司法書士事務所でありたいと思います。
HOME  > 司法書士 荒谷健一郎のエースストライカーブログ  > ブログ  > 担保がついたまま名義変更してもいいですか?

担保がついたまま名義変更してもいいですか?

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2013-7-31 9:44

みなさん、おはようございます。

司法書士@五反田の荒谷健一郎です。

蒸し暑い日が続きますが、7月も今日で終わりで、明日から8月ですね。

学生はとっくに夏休みに突入して、エンジョイしているんでしょうか?

私も、お盆の間は少しお休みをいただきますので、それまでフルスロットで走りぬきたいと思います

さて、表題の件ですが、わたしは仕事上、(当然ですが)不動産の名義を変更をよくしますが、

特に銀行や保証会社の抵当権が設定されている不動産につき、抵当権が設定されたまま、贈与などで名義を変更する場合、抵当権者の承諾や報告を経ずに、名義の変更をしようとする方をお見かけします。

登記手続上は、名義の変更にあたって、抵当権者の承諾書等は必要ありませんので、承諾を得られなくても手続可能ですが、多くの抵当権設定契約においては、名義の変更にあたっては、抵当権者の承諾を得ること、または報告をすることが契約上の義務となっています。

銀行や保証会社などから後になって契約違反を理由に追及され、何かしらの不利益を被ることがないようにご注意ください。

 

<夜の東京駅>

  • 閲覧 (3446)

品川区 五反田 大崎 エリア 司法書士 事務所 相続 遺言 手続き 遺言書 遺産分割協議書 作成 債務整理 成年後見 会社 法人 設立 少額訴訟